[出産レポ]出産について記録しておく

かなり久しぶりの更新です。
2014年8月25日に無事娘を出産し、先月で1歳半になりました!

もう1年半も経っているので記憶が薄れてきていますが、出産について書き留めていなかったので、頑張って思い出して書いてみます。
※たまに生々しいかもしれませんごめんなさい

2014/8/25(月)
出産のため、8月に入ってから実家に里帰りしていた。
予定日は8/19。もう既に6日超過していた。
焦ってもしょうがないとわかっていても、どうにもヤキモキし、Twitterで予定日超過してる人を探したり、産まれるように散歩しまくる日々。。

AM2:30過ぎ

その日、電気をつけたままベッドで寝てしまっていたのだが、寝返りをした瞬間に股から何かがじわっと漏れた感覚で目が覚めた。例えれば、多めのオリモノが出たような。。
これは、まさかまさかの破水か!?と思いつつ、少量のため判断ができない。しばらくどうしようとウロウロしていたが、たま〜にまたジワッジワッと漏れてくる、薄ピンクの何か。これは恐らく間違い無いだろうと、母を起こし、病院に電話すると「大きめのナプキンをあてて、入院の準備をして来て下さい」とのことだったので、準備して父の運転のもと病院に出発。
移動中は、まだ破水の量も多く無いしお腹も痛く無いし、多少緊張はしてるものの余裕。

AM4:00〜5:00くらい

病院に着き、夜間受付のインターホンを鳴らし、父母と共に中に入る。他にも、同時刻に到着した妊婦さんもいた。
LDRに通される。でもなんだか、限りなく分娩室っぽい部屋だったけど。。この日はお産が多かったみたいだから、他の部屋はもっと普通の病室っぽかったのかも??
助産師さんに内診され、こりゃ破水だね〜ということで、そのまま入院。NSTの機械を付けられ、そのまま陣痛を待つ。が、この時点ではほぼ痛みなし。時間もかかりそうなので、父は帰宅。母はとりあえず付き添ってくれるとのことで、食べ物など買ってきてもらったりしてた。

AM6:00くらい

まだ、少しお腹痛いような?腰も痛いかな〜?くらい。旦那がぼちぼち起きる時間なので、LINEで『破水して入院中、まだ産まれそうにないけど今日中には産まれるかな?と』連絡。後ほど返信が来て『会社にはとりあえず行かないといけないけど、用事が終わり次第すぐ向かう』とのこと。(会社から病院まで、車で1時間半くらい)

AM7:00〜

朝ごはんが来たので、食べる。
その後何度か助産師さんに内診されるけど、まだ本格的には痛くない。それどころか、ちょっと遠退きぎみな雰囲気??

AM9:00過ぎ?

産科の先生に内診してもらう。まだ子宮口は2〜3cm(だったかな)、既に破水しており、(細菌の感染とかの危険性から)あまり時間がかかるのは良くないのでと促進剤の使用を薦められる。ちょっと迷ったけど、母と相談して使用をお願いすることに。書類に私ともう一人のサインが必要だったので、母にお願いした。

AM10:00くらい

促進剤点滴開始。
「いきなり痛くなったりすると怖いですね〜。。」と助産師さんに漏らすと「そんなに突然効いてこないから大丈夫ですよ☆多分、早くてお昼過ぎくらいに効いてくるんじゃないかな〜?」とのこと。
先生も「まぁ、今日中には産まれるかな〜、という所じゃないでしょうか」と言っていたので、長丁場だなぁと思いつつ陣痛を待つ。

AM10:30??(この辺りから記憶曖昧)

うううううなんだかもう結構痛いんですけど。。。。
内診してもらうと6cm。「いい感じですね!もうちょっと行っときたいので、促進剤レベル上げますね!」と、量を増やされ(?)る。
ううううううう。。

AM11:00

痛みで悶絶しており記憶がない。。恐らく、ずっと痛いわけじゃなく、休憩時間があったんだろうけど、とにかくお腹が痛かった。多分叫んだりはしてないけど、変な呼吸してた。
母はまだその場にいたけど、私は特に何もしてほしいことはなかったので、ただ見てるだけで辛い時間だっただろうな。。(苦)

AM11:30

ここで旦那が到着。しかしもう私はかなりの痛みでヒィヒィ言っており、励まそうと旦那が手を握ってくるが、触られたくなかったので払いのける(笑)
この辺り、一番辛い時間だった。

AM11:45

何かが出てきそうな感覚。。。いきみたいとはこの事か!?
ちょうどいいところに助産師さんがお昼ご飯を持ってきたので、「い、いきみたいですぅ」と訴える。すぐ内診してもらうと、「わ!すごい!もう全開ですよ!!」とのことで、周りでバタバタと出産の準備が始まる。
ベッドが出産の形になったり、脚に何かカバー?かけられたり、助産師さんが何人か来たり、いよいよという雰囲気になって来る。
母は部屋を出て行き、旦那は立会い希望だったのでそのまま部屋に。

PM12:00

「いきみたい感覚が来たら、二回深く深呼吸して、そのままいきんで!体クネクネせずに!」と言われ、そのままひたすらいきむ。
いきんで、少しだけ休憩、その後また、来る!っていうのがわかる。
この時は、とにかく疲れるし汗かくししんどかったけど、陣痛に耐えてる時間よりはかなりマシだったかも。旦那に「そのバッグにうちわ入ってるから出して扇いで」と指示できる程度には余裕があった(笑)。
何度も何度もいきむのを繰り返してるうちに「少し髪の毛見えてきたよ〜」と言われ、その後も何度もいきみ。。
そのうちに、院長先生が登場。どこかの出産レポで『先生が登場したら終わりが近い』みたいな事を読んだので、「お!これは!」と思ってたら、(多分)麻酔されて噂の会陰切開。でも、切られた感じはあったけど想像より大丈夫だった。麻酔もされたっぽいし、何よりそれどころじゃない。。
そのうちに「浅い呼吸をして〜あと一回いきんで!」と言われ。。
身体から何か取り出され「あ、産まれた。。」と旦那。

PM12:46

無事に3306gの女児を出産!産声って、「オギャー!」じゃないんだなぁ。「ンギャ…」「ホギャッ…」って感じだった。
産まれた子をお腹に乗っけてもらった。意外と重い。
この時、旦那は非常に感動していたようだが、私は「やっと終わった。。」という感じだった。後から思い出すと、感動する場面だったなぁ〜

その後、旦那と赤ちゃんは外に出て、私の後処置。お股の縫合。。
どうやら、子が大きめだったのと最後のいきみで頑張りすぎたらしく、ちょっと裂けたっぽい。切開と裂けたところをチクチク縫われる。
麻酔もしてたと思うけど、地味に痛い。。が、産み終わった安心感でいっぱいだった。
私は出血が多めだったようで、数時間旦那とともにLDRで休む。後に車椅子で病室に運ばれましたとさ。

とりあえず、出産についてはこんな感じでした!促進剤使用とはいえ、とても安産で良かったです。初産にしては早い方らしい。
促進剤を入れ始めてからあっという間に陣痛が進んだので、分娩にうつる時には「えっ!?もう!?!?」と思いました。

次の日から始まる育児がまたしんどかったですが。。また次の機会に書こうと思います。